アイドッグかわにしのブログ
アイドッグかわにしのブログへいらっしゃいませ!!
ブログ開設にあたって(ご挨拶)
はじめまして。

兵庫県川西市に住む「とし」です。

何を思ったか長年勤めていた会社を退職し、自分で仕事をしようと思い立ったところから

今後、仕事がどうなっていくのかを恥も外聞もなくさらしていこうかと思って立ち上げました。

実はYahoo!ブログに同じコンテンツで立ち上げてたんですが、作りがわるくて訪問者もほとんどないため

FC2に引越しという形にしました。


※実は今後、仕事でお世話になる師匠やグループメンバーの後を追いかけているだけなんですけどね。




起業への道 その1
この9月で27年勤めてきた会社を辞める事にしました。

思い起こせば、社会人になってから色々な事をやってきたなぁって

最初の会社でオールマイティーの技能者、技術者になるための研修を受けたり、

電子機器のリペア作業をしたり

オフコンのカスタマー・エンジニアになったり

カーショップの店員、ファンシーグッズを扱う営業さん、そして現在の会社と....

すべてが今の自分の源となっているんですよね。


おかげでちょいとした物は作るし、電気工作もするし、車の電装なんて自分で取り付けるし。



今の会社に入ってからエンジニアとして長い間やってて、今はIT系のエンジニア

サーバ、ネットワーク提案から構築まで

ではどれだけ腕があるのかというと....

実はたいしたこと無かったりする。

正式に色々な教育を受けてエンジニアになったわけじゃないから 偽のエンジニア

見よう見まねやWEBで情報を仕入れてお客様先に行ってるくらいだから。

お客様先でメッキが剥がれそうになって焦ることしばしば



ご存知のとおり、ITって進化が早いし、新しい技術がドンドン出てくる。

1年先、3年先の動向が読めない業界。

だって、タブレットを使って業務するなんて2年前には考えられなかったですからね。

せめてモバイルノートとPHSやデータカード使って接続するくらい。

そんな業界の端っこに引っかかってていつも悩んでた。



しかし、営業さんからの相談や同行依頼はちょくちょく入ってくるし。

まぁ何とかなるでしょと 誤魔化してきた

困ったら同僚にアドバイスもらえたし。

同僚が余り手を出さずに自分だけがやってたソリューションもあったしね。

現実に目を背けてたんでしょうね。




2010年のこと
2010年のこと

話は変わって

自分はどちらかと言うとラーメンが好きな方。

外出して昼ご飯でフラっと入るのはなぜかラーメン屋

まぁ一人でも入れるし、気を使わなくても良いって言うのもあるんだけど。



ある日、何かの拍子にラーメン二郎の存在を知り、ジロリアンなるものの狂信者(??)も知った

http://matome.naver.jp/odai/2135502414433224101



まとめスレをみて、ロットを乱すと恐ろしいことになるのだと こりゃ恐ろしくて行けないわと

それから調べてみると大阪にも二郎インスパイヤなるラーメン屋があるらしい。

近隣では千日前にあるらしい。

地図を見れば日本橋電気街の近所



あるとき、自宅のパソコンのパーツを購入しに行った帰りに探してみた。

ちょっと裏通りにその店があり、覗いて見るとカウンターに空きがあった。

券売機で食券を買うんだが、「並」「中」「大」どれにしようか悩む。

並(650円)と中(700円)は50円しか違わないし中で(これがえらい目にあう)



カウンターにぎこちなく座って食券を出す。

待て待て、今何も言ってはいけない。

するとカウンターの向こうの店員さんが

「ニンニク入れますか?」と

事前に学習した「ニンニク抜きで野菜マシ」とコール どきどきしてたら調理しているところに注文を通しに



ふと近所を見渡すと、「大」を食べている人が....

なんじゃこりゃ!!!!!!

まさしく洗面器にラーメンが入っているとしか思えない物体が.....

それを軽く平らげる人 恐るべし



さて、自分の前にもラーメン到着 

圧巻の光景でとりあえず黙々と食べ進める。

野菜を始末しないと麺まで中々届かない。

何とか食べ終えたけど、恐ろしい食べ物があったものだ

カウンターにどんぶりとコップを置いて「ご馳走様」と出てきたものの体が重い。



こりゃもういいやと初二郎系を食しての感想

が、この後色々と絡んでくることになるとは.......


仕事の限界....
かろうじてITの仕事を続けていたが、
外部講習に行っても、理解ができない。
講習も仮想化された研修環境で実習をしても、イメージが掴めない

それ以外にも、基本から叩き上げたわけで無いので、ちょっとしたトラブルがあると少し弱い。
決定的なのは、あるお客様で機械の製造番号を読もうとすると…
全く読めない
普段はコンタクトレンズを装着してるので、近くの小さい字が読みにくいのです。
メガネだと外して読むんですけどね
残念ながら、コンタクトレンズは簡単には外せません。
要するに老眼が来ている事が決定!!!

また、3月から新人の面倒を見るようになったのだが、なんと24歳!!!
自分は今の会社に入社して今年で27年目
つまり、入社したときには生まれてない。
ついでに、非常に個性的すぎて使いづらいったら、ありゃしない。
何か言う度に余計な言葉が付いてくる。
自分は良く知ってんだぜってのをアピールしたいらしい。
無論、彼らの同期の中では浮いているらしい。

ここからめんどくさい日々を過ごすことになった。
今までも若い技術者達と仕事をしたけど、こんな奴は初めて

簡単な仕事を依頼しても納期に間に合わんわ
預かった機械のチェックと数量検品も満足にできない。
言い訳やプライドの高い意味の無い話ばかり
ほとほと疲れはてて、帰りに飲み屋による頻度も高くなるし

自分が今後延びていくことかできるか、
3年後、5年後に何をしてるか?
考えるとイメージできない。

他の部署に異動したくても、2年前に大幅なリストラがあって不要なスタッフは全員退職。
まぁ行き場も無い状態。

なら、しんどい、辛い仕事から解放されたいって気持ちが大きくなってきた。

今までも辞めたいってのはあったけど、今度は自分のスキルの低さ、モチベーションも考えて引き時かなと


もし 今、退職するとしたら、通常の退職と早期退職(セカンドライフプラン )ってのがあるわけ。
早期退職なら退職金と少しの上増金が付く
この制度を使って辞めようと

さて、家族もいるし、家のローンもある。
どうしようか


ふとしたことに
二郎インスパイア系ラーメンに行って驚いたんだけど、その後、あちこちの店を巡るのが面白くなった。

その中で南森町にある店に立ち寄ってみたら、これが、うまい スープはいつ行っても同じ


二郎系は日によって微妙に味がちがうのだが、一気にファンになってしまった。

会社の帰りに寄れると言うのもあり、2週に1度は寄る始末

醤油、味噌、つけ麺を何回も食べた。

見てると、店には次から次へと常連が訪れる様子。 結構、女性も普通にやって来て食べてる。


気になって調べてみたら、鳥取県に本部があり、フランチャイズでラーメン店の開業支援もしている会社らしい。

その時はへーって思っていたが、仕事が行き詰まってた時にふと思い出した。

仕事で行き詰っていたこともあり、退職して違う道も考えるようになった。



しかし、嫁さんの兄(義理の兄)が勤めていた会社の経営不振により退職になり、

失業保険を貰っていたものの、8ヶ月くらいブラブラとしており、その間にも大陸系の

嫁さん(義理の姉)がグチグチ文句を言ってきだして、何を考えたか偽装離婚までする始末。

義理の姉は離婚して子供がいれば生活保護を受けれると思ってたらしい。

が、実際にはすんでるところは一緒で、しかも分譲マンション

そんな母子家庭には生活保護など認められるわけ無く、ここから雲行きが怪しくなる。

義理の兄は重い腰を上げて就職活動をしだしたが、今までの収入が頭にあり、低収入の

仕事には目もくれず、ひたすら有名企業にアタックしまくり当然撃沈。

まぁ50前後のおっさんを雇うような会社は早々無いでしょうね。

退職金は義理の姉に使い果たされ、失業保険も切れる寸前に「起業する」って言い出して

運転資金を調達するのに国や県より融資を受けるために色々動き出した。

が、融資を受けるにも自己資金が必要で、融資額は概ね自己資金の倍までとの事。

その時点で手持ちの資金は数か月分の生活費のみで、実家の母親などに泣きついて

通帳を借りたようだが、自己資金と認められずに撃沈。



そんな姿を見ているので我が家は退職には大反対。

が、ひそかにラーメン屋の資料を取り寄せてみた。




Copyright © アイドッグかわにしのブログ. all rights reserved.