アイドッグかわにしのブログ
アイドッグかわにしのブログへいらっしゃいませ!!
台風の思い出
台風11号が四国、近畿に接近中ですね。
雨風が強く、今日は出張ドッグシャンプーの仕事は延期させていただきました。
DSC02715.jpg

警報も暴雨警報、洪水警報などが出て、竜巻注意報等も発令されております。


自分は大きな台風が来ると、サラリーマン時代のあることを思い出します。

今から10年前、2004年の9月末に関西に転勤の辞令を受けました。
4年間の東京での単身赴任が解けてやっと帰れる事になったのです。

東京では江戸川区で1DKのアパートを借りて住んでいましたが
東京とはいえ下町ですごく住みやすかったのです。
近所にスーパー(昔風の雑貨屋のような感じです。)があり、銭湯もありました。
少し歩けば、投げ売りのディスカウントストアや無料の動物園が併設された公園もありました。

当時、24時間体制のサポートセンターで勤務しておりましたので、夜勤明けや休みの日に
公園でペンギンやアザラシなどを見て和んでいたことを思い出します。


さて、関西に戻ることになり10月上旬までに引っ越しをすることになったのです。
色々な面倒な手続きをして、引っ越しの準備を進めました。

引っ越し屋さんには土曜日に荷物の積み込み、日曜日には自宅で荷受けする予定でスケジュールを
組んでいただき、
同時に不動産屋さんには荷物の搬出の土曜日に鍵を引き渡すことにいたしました。

さて、引っ越しの週に自宅から嫁さんと娘、息子が手伝いという名目でアパートにやってきました。
荷物の片づけや掃除をしながら、近所の公園をぶらついたり、大きなショッピングモールに
出かけたり、近所の銭湯に行ったりでそれなりに楽しかったようです。

金曜日の夜には荷物の梱包をほとんど完了させ、土曜日に搬出。
不動産屋さんに鍵を返却し、その足で東京駅に向かい新幹線で帰宅する予定を組んでおりました。

ところが、タイミング悪く金曜日に大型台風が日本に近づいておりました。
荷物搬出の土曜日は朝から大雨が降っており、引っ越し屋さんのトラックが予定通り到着
荷物を積み込みするためにアパートの廊下に段ボールを積み上げて行ったのですが、
雨のため、そんなに多く出すこともできず様子を見ながら搬出していきました。

なんとか午前中に荷物の積み込みも終わって、引っ越し屋さんはトラックを出発させました。
がらんと何もなくなった部屋で最後の点検をしているときに
ガス屋さんや電気屋さんもやってきて停止作業と契約解除の確認。
この時も大雨でした。

最後に部屋のカギをかけ、駅前の不動産屋さんに寄ってカギを返却し東京駅へ向かいました。

東京駅構内でご飯を食べて、新幹線の切符売場へ向かったところ.....
「台風の影響で運転を見合わせている」とのこと。
このころには台風は近畿を経由して大きな勢力のままで東海、関東に向かっておりました。

さて、困ったものです。
新幹線が運転されていない以上、自宅に帰る方法はなく
とはいえ、アパートはすでに引き払っているため戻ることもできないのです。

仕方なく家族4人で東京駅の構内で新聞を引いて座り込む始末。
※なぜか券売機の付近で座り込んでいたのです。

そんな時に引っ越し屋さんの運転手さんから台風で高速道路が通行止めになり、日曜日に
荷物を届けられないかもしれないと連絡がありました。
が、そんなことより自分らも自宅に帰ることができないので荷受けができないかと....

どうしようもなく、ただただ時間が過ぎていったのです。
当時、6歳の息子は新聞紙の上で寝てしまい、このまま駅構内での徹夜を覚悟したのです。

21時ころ、構内放送で
「台風の状況を見ながら、新幹線の運転を再開します。
ただし、場合によっては運転を打ち切ることもございます。
ダイヤが乱れておりますので、行先別に改札にお並びください」
とアナウンスがあり
切符の販売が再開されました。
運よく券売機のそばでしたので急いで切符を購入し、改札へ向かいました

改札には大勢の駅員さんが待機しており、
名古屋行き
新大阪行き
広島行き
博多行き
 の列が作られておりました。

荷物を握りしめ、新大阪行きの列に並び、改札が開くのを待っておりました。
しばらくすると名古屋行きの改札が開いて駅員さんが先導する形でホームへ向かっていきました。

新大阪行きの改札が開き、順次ホームへ向かう列の中で....
「臨時列車のため座席指定はなし、駅員さんは席は十分ございますと言っていたが、1編成だけで
収容できるかどうか???」
と思い、

当時8歳の娘に
ホームに上がったら一気に走って前に行くから

さて、ホームに上がると予定通りに娘と荷物をもってホームを走って前の方へ...

改札からホームへ誘導されたのは一つの階段だけ
皆さんそこから車両に乗り込んで座席を確保するのですが、結構な混雑ですので
車両の中では身動きが取れないだろうと予想したのです。


これが大正解で何とか座席を確保。
嫁さんに連絡を取り場所を指示して、あとは出発を待つだけ
しかし、中々発車せずホームにTVカメラのクルーはくるわ、運転の見合わせのアナウンスはあるわ。

やっと発車しても途中で運転の見合わせで長時間の停車の繰り返し。
まぁ寝ているからいいんですけどね。

ようやく新大阪に到着したのが夜中の3時過ぎ
当然、在来線も地下鉄も走っておりませんので、別のホームに留まっている列車で
始発まで列車ホテルとして仮眠をとれることになりました。
ここでも娘と走って座席を取ったのですが、全然余裕でしたとさ。 (´・ω・`)

台風は通過し、まぶしいくらいの朝日が差し込む頃、アナウンスがありました。
「皆様おはようございます。 昨日は台風でダイヤが乱れご迷惑をおかけいたしました。 
只今より出札が可能となりますが、皆様に簡単な朝食をご用意いたしましたので
お召し上がりの上、お気をつけてお帰りくださいますようお願いいたします。」


ホームに降りると、駅員さん達がサンドウィッチやおにぎり弁当を用意されて
乗客に渡しておりました。
自分はおにぎり弁当、子供たちはサンドウィッチを食べ、改札を出ようとすると

改札の駅員さんが
「列車の遅延でご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。 特急料金の払い戻しをいたします。」 と
朝ごはんを頂いて、払い戻しまでしていただいて
しかも台風なのでJRは全然悪くないのにね。 (^^♪

2012-06-202003_27_22_360x270.jpg

我が家では台風が来るとこの話が出ますね。
ほんとに貴重な経験をしました。
今となっては笑い話ですが、その時は必死でしたからね~~

ちなみに引っ越しの荷物は雨風の中、ドライバーさんが必死に走ってくださって日曜日に到着しました。





  ブログランキングアップのため
↓ベルちゃんを押してやってください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
関連記事





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © アイドッグかわにしのブログ. all rights reserved.