アイドッグかわにしのブログ
アイドッグかわにしのブログへいらっしゃいませ!!
ワンちゃんの尻尾の振り方で感情がわかるという研究
皆さんもご存知なのかも知れませんが、MSNのページで興味深い記事がありました。

犬同士は「尻尾の向き」で相手を判断している

イタリアの研究チームが、イヌはうれしいときは右に、緊張しているときは左に尻尾を振り、ほかのイヌもそれを手がかりに反応していることを発見した。と言う記事

詳しくは書きませんが、要するにワンちゃんが振る尻尾の向きで感情がわかるということらしい。


ワンちゃんを見ていると何かあった場合、尻尾を振っていますが、うれしいとき、怒っているときも尻尾を振っています。
たとえば、子供のときに学校の帰り道に大きなワンちゃんが居て尻尾を振っているんで
相手してほしいのかなと思って近づくと吠えられて噛まれそうになったりしたことがありました。



うちのラブもうれしいときも興奮しているときも尻尾を振っています。

今回の研究でこの魔性の尻尾についてある程度判断ができることがわかったようです。
これは犬同士のコミュニケーションでも同じようです。

これがわかれば散歩中に近づいていいワンちゃんか、離した方が良いのかの判断もつきますので
お互いに余計なストレスを与えなくてすみます。


簡単に言うと、
喜んでいるとき、リラックスしているときは尻尾を右に大きく振っている。

興奮している、緊張しているときは尻尾を左に大きく振っている。

これを覚えておいてください。
気をつけないといけないのはワンちゃん自身から尻尾のふりを右、左と考えます。
決して向かってではないので....


ではモデルのラブさんの写真でご説明させていただきます。

これはマテを長い時間させているところです。
CIMG9886.jpg
尻尾が左にふれています。

次におやつをあげる時は
CIMG9887.jpg

同じ写真じゃないかと思われるかもしれませんが (*^_^*)

実際にはワンちゃんが尻尾を振るときはお尻を中心に左右に振るわけですが、その振り幅を見るわけです。
つまり右に大きく振っているか、左に大きく振っているかを見るわけです。



別の写真をお見せいたしましょう。
座布団に攻撃を与えて遊んでいるときです。
尻尾が左にふれているのです。
CIMG9891.jpg

次におやつをあげるときです。
CIMG9894.jpg

これはワンちゃん同士でも同じで、気心知れたワンちゃんを見た場合は尻尾が右に大きくふれます。
しかし、見慣れないワンちゃんや怖いというときは左に大きく振るようになります。


出会ったワンちゃんも相手の尻尾の振り方で緊張しているか、リラックスしているかを見ているようなのです。
コミュニケーションのひとつなんでしょうね。


これは今後、お客さんのおうちでワンちゃんのシャンプーをする場合、ある程度見分けがつくようになるのでしっかり覚えておこうかと思います。


もし興味がある方はおうちのワンちゃんを呼んで褒めてあげてください。
多分、尻尾が右に大きく振っているはずです

※もし違っていればすみません。
すみませんが短い尻尾のワンちゃんの場合は見分けがつかないかもしれませんので




  ブログランキングアップのため
↓ベルちゃんを押してやってください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
関連記事





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © アイドッグかわにしのブログ. all rights reserved.