アイドッグかわにしのブログ
アイドッグかわにしのブログへいらっしゃいませ!!
風呂場の換気扇が壊れた
今日は仕事の話ではなく、家の出来事を.....

最近の事ですが、風呂場にある換気扇(天井取り付け型)のスィッチを入れても回らないと

家族から報告があり、見てみると確かに回っていない。

CIMG9969.jpg
※まぁこれで回っているか回っていないかはわかりませんよね

なぜか、回るときもあるようだが、ここ数日は完全に回らない状態。

換気扇が回らないと風呂場の湿気が逃げないのでカビなどの原因になるので何とかしないと。

しかも13年も使いっぱなしの状態なので回っているときは結構うるさい。

早速換気扇の型番を控えてネットで情報収集

すると取り付けてあった型番の換気扇はすでに廃盤で、後継機が出ているよう。

が、その後継機も廃盤になっており、その後継機が出ているという。

しかも完全に互換ではなく、寸法的に高さが少し違っているようで設置の際に注意と書いてありました。

しかし、古いのを探しても仕方がないので早速、後継機の後継機をAmazonで検索してみたら、
カバーとセットの物がありました。

注文してから3日 商品がやってきました。

台所の換気扇なんかと違って天井埋め込み型なので寸法があうか全くわからず。
ぶっつけ本番で取り付けるまでよ。
CIMG9970.jpg
この写真では天井側のほうから見ていることになり、吸い込みのファンが見えます。
左側の排出口からダクトで風呂場の空気を家の外に排出する仕組みなのです。

さすがに最近の設計のものなのでファンなどのユニットが取り外せるようになって掃除がしやすくなっております。
今まで取り付いていたのは分解することができず、大掃除のときに困ったもんでした。
結局掃除はできずじまい。


さて、古い換気扇の取り外しですが、大きな木ねじを2本取り外すと天井から下がってくるのですが、
引っかかってそのままでは抜けません。

天井の点検口からのぞいて換気扇と家の外にダクトで接続されているのを確認。


家の外に排出するダクト(アルミのパイプ)があるのでそれを外さないと換気扇自体外せません。

ダクトと換気扇の排出口はアルミテープで止めているのでアルミテープを取り外そうとしたら、
なんと、ダクトが裂けちゃいました。

仕方がないので近所のコーナンに行って、アルミダクトを購入し、適当な寸法にカットして準備

すると換気扇の排出口が引っかかって抜けないのです。
※説明書なんて建築屋さん向けなので、どうやって取り外すか、取り付けるか詳しく書いてないのです。

新しい換気扇を見ると、排出口部分が取り外せるようになっていたのです。
これがわかればもう勝ったも同然。

排出口が爪で止まっているので、それを外したら換気扇本体が外れました。

よくよく見るとダクト内部も家の外壁に取り付けているカバーも埃だらけ。
ついでに掃除機で埃を吸い込んでキレイにしておいてと

新しい換気扇の排気口とダクトを取り付け、外壁の換気口にセット
CIMG9971.jpg

換気扇本体にアースと電気コードを取り付けてセット完了。
ダクトも新品にしたんで気分が良いぞ


さて、試運転と言うわけで風呂場のドア横のスィッチを押すと無事に回りだしてホッと一安心


換気扇本体を天井にビス止めするんですが、前の換気扇とビスの位置が違うので穴のあけなおし
天井に向かってドライバーを使うので腕がダルイのなんのって

まぁ無事に交換完了して完成。
CIMG9973.jpg
カバーを取り付けておしまい。

しかし、家もあちこちガタが来て困ったもんです。
裕福でないのでできるのは自分でやるんですが、結構大変ですね。


古い換気扇を箱に詰めて作業完了~~~~~
CIMG9975.jpg
見事にアルミダクトが裂けてますよね~~(T_T)

あ~~~疲れた~~
コカコーラZeroでも飲もうっと




  ブログランキングアップのため
↓ベルちゃんを押してやってください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
関連記事





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © アイドッグかわにしのブログ. all rights reserved.