アイドッグかわにしのブログ
アイドッグかわにしのブログへいらっしゃいませ!!
世の中って広い様で狭いもんですね?
来年の開業までの一番の難関をなんとかクリアできたので
色々と情報収集をしています。

先日も仕事で使いたい。便利になると言う物をネットで検索していたところ、
情報が多いし、メーカも沢山有って選択に困っていたところ、
あるメーカーさんで貸し出しサービスと言う物が有りました。

使い勝手や操作性を確認したかったので、早速貸し出しを申し込みました。

すぐに先方さんから確認のメールが有り、こちらも返事を返したところ
すぐに貸出機を送ってくださるとの事。

少し触ってみて使えるようであれば仕事用に採用しようかと考えております。
※現在検討中なので、詳しくは書けませんが使えそうならば書こうかと。

話変わって、
私の家にはメールを送受信できるメールサーバと言うのが設置してまして
本来であればプロバイダさんやフリーのメールを使うんでしょうが、
前の仕事の時の勉強用で自分でメールサーバの管理をしてます。

ここから話がおもんなくなりますが

普通、メールを利用されている方にはわからないのですが、
メールサーバと言うのは、インターネットが繋がっている全世界からメールを受信したり
送信したりできるものです。
と言うことは不特定多数の人間が繋ぎに来ることになるのです。
そこで毎日毎日、メールサーバのログと言う外部からの接続情報を記録したものを
確認しているんですが、結構あちこちから接続しにきております。
これは何かと言うと
セキュリティーの甘いメールサーバを確認して、あわよくば迷惑メールをそのメールサーバから
送ってやろうとする悪い人たちからの攻撃なのです。

迷惑メールを自分のメールアカウントで送りつけるお馬鹿な業者はまず居ません。
当然身元がわかってしまうからですね。
じゃあフリーメールで送れば?となるのですが、
さすがに多数のメールを一斉に送るとそのアカウントは停止されます
そこでセキュリティーの甘いメールサーバを探して回るわけです。
見つければそこから迷惑メールを沢山送ってしまうわけです。

毎日、世界中の不届き者からうちのメールサーバに接続しに来ているのですが、
どこから接続しているかはわかるようになっていますので、それを確認しておくわけです。
手口としては辞書アタックと言う簡単な方法で
あらかじめ一般的に使われているユーザー名とパスワードを組み合わせて
接続できるか確認するのですね。

たとえば、ユーザー名は
admin
info
john
george
user
guestなどで

パスワードは
12345
qwert
asdfg
passwordなどを上記のユーザー名と組み合わせてつながるか確認するわけです。
無論、手作業ではなくツールをつかうのですが
当然、業界の片隅に在籍しておりましたのでそんな手口は知っております。
うちのメールサーバは絶対に辞書アタックや成りすまして接続できない
仕組みをとっております。


話は戻って、昨日そのメールサーバを確認していたところ、見慣れたメールドメインからの
メールの受信形跡がありました。
ちなみに勤めていた会社がプロバイダ事業をやっておりまして、そこから送信された
メールのようです。

「あれ? 受信メールを見ても前の会社の連中からメールが来ていないのになぁ」
不思議に思っていると、どうも2回ほど受信しており、受信時間とメールを見比べると
貸し出しサービスをお願いした会社からのメールでした。

要するに前の会社のお客さんだったわけです。

それ以外にプライベートで買い物をしにいくと
ハンドクリームを買いに行ったドラッグストアのレジ付近に見慣れた機械が......
これって自分がネットワークの仕組みを設計してすごく時間を掛けて納めたものだったよなぁ
頑張って動いてくれてるなぁってつい思ったり
バインダーを買いに行ったら、そのバインダーが自分が関わったお客さんが作ってたものだったり
車に乗ってて通りかかった会社が自分が頑張って作業した所だったよなぁって有ったりします。

そういやエンジニアで頑張ってたときって何か形で世の中に残るようにしたいって
思ってたっけ。
そういった意味では一応、望みはかなったのかなって思ってます。


でも今度は形ではなく
お客さんやワンちゃんの記憶に残るように頑張らないとね。

DSC00146.jpg



  ブログランキングアップのため
↓ベルちゃんを押してやってください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
関連記事





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © アイドッグかわにしのブログ. all rights reserved.